引越しに便利!家具を簡単に移動できる5つのおすすめグッズ&道具と使用に関する3つの注意点を紹介!

突然ですが、「家具を簡単に移動できるおすすめのグッズや道具が知りたい!使い方の注意点も教えて欲しい!」と困っていませんか?

  • 家具移動に便利なグッズや道具にはどんなものがあるの?
  • グッズや道具を使って家具を移動する際の注意点は?

これらの悩みを元引越し業者が全て解決します!

家具移動に便利なグッズや道具を知って便利に使おう!

自分で引越しをする際に、家具を簡単に移動できるグッズや道具を使うと作業がスムーズにはかどります。家具は重くて大きいので、何も使わずに運ぼうと思うとかなりの労力が必要ですが、その問題を解決してくれるのがこれらのグッズです。

移動させたい家具に合ったグッズや道具を選ぶことも大切です。早速どんなものがあるか1つ1つ紹介していきます。

NO.1.リフター+キャリー

リフターとはテコの原理で重い家具を簡単に持ち上げられる道具。キャリーとは持ち上げた家具の4隅に取り付ける小さな台車のこと。この2つがセットになって売られているので、引越しの際に用意しておくと家具移動の作業がとてもスムーズになります。

リフターは1/5の力で家具を持ち上げられるのが最大のメリット。女性でもタンスや食器棚を持ち上げることができます。4つのキャリーは家具の滑りをよくするので、床に傷をつけにくく、押すだけで簡単に家具を動かせます。使い方も簡単なので、引越しで複数の家具を移動させる方は購入を検討してみましょう。

使い方
  1. 家具をゆっくり押してリフターを奥までしっかり差し込む
  2. キャリーのローラーを進行方向に向けて持ち上げた家具の四隅に設置する
  3. 家具を後ろからゆっくり押して移動させる
  4. 設置場所まで移動したらリフターで家具を持ち上げてキャリーを取り除く

リフターとキャリーがあれば部屋の模様替えにも活用できるので、扱いやすそうな商品を選んで使ってみましょう。

【山善(YAMAZEN)】 軽がるキャリー KGC-C6

【大洋精工】PICUS らくらくヘルパー ハイパーセット HP-500N

NO.2.3輪キャスター

3輪キャスターは三角の土台の下に3つの滑車が付いたもの。滑車部分が360度回転するので、家具を載せて自由な方向に動かせるのが最大の特徴です。家具を前後左右にだけ動かすのではなく、斜め方向に動かしたい方に向いています。

3輪キャスターの使い方はリフター&キャリーと同じです。リフター付きの3輪キャスターを購入すれば取り付けも簡単に作業できます。リフターがある場合やそれほど重くない家具を動かす場合は、3輪キャスターのみを4つ用意すれば作業が可能です。

【Felimoa】 楽々ハイパーキャリー

【kangteer】 6インチ3ホイールMoverドリー 

NO.3.平台車

家具の移動距離が長い場合や玄関から車まで移動する場合は安定感のある平台車を使うと安全に作業できます。平台車とは手持ち部分がない台車のこと。手持ちがある台車に家具を載せると手持ちが邪魔になって家具がしっかり載せられないことがあるため、家具移動には手持ちのない平台車が向いています。

平台車は床からの高さがなるべく低いものを選ぶのがポイント。滑車が大きすぎて床からの高さがある平台車を使うと、家具を載せるときに人間の手で持ち上げなければなりません。滑車が小さめで高さが低く、耐荷重も十分な平台車を使えば作業が楽になります。

平台車に家具を載せてしまえば、玄関から駐車場までの道のりが遠くても移動が可能です。但し、移動経路に段差がある場合は引っかかって動けなくなる可能性があるので、事前に段差がないか確認しておきましょう。平台車に家具を載せる場合は2人以上で協力し、以下の手順で作業をしてください。

平台車に家具を載せる方法

  1. 1人または2人で家具を支えながら傾けて底面を床からゆっくり上げる
  2. 家具の底面と床の間に平台車を差し込む
  3. 平台車をしっかり押さえた状態で家具をゆっくり平台車に下ろす
  4. 全員で家具を支えて家具の中心に平台車がくるように調節する
  5. 家具を支えながらゆっくり押して移動する

平台車を1つ用意しておくと、家具移動以外の用途にも使えて便利です。コスパのいい平台車が多数販売されていますので、使いやすそうで収納に困らないものを選びましょう。

【株式会社アマカム】平台車 60×50cm 静音 木製 軽量3.9Kg 耐荷重150Kg

【日東(NITTO)】 家庭用平台車 ホームキャリー 27.5×41cm 耐荷重80kg NTM-E50DB

NO.4.カグスベール

カグスベールは家具の裏に貼り付けて使えるフッ素樹脂性のシートのこと。家具に合わせてさまざまな大きさや形があります。小型のソファーやチェストなどはカグスベールを取り付けておけば、位置を少しだけずらしたい時などに簡単に動かせるのでとても便利です。

部屋の衣替えを頻繁にしたい方は、カグスベールを家具の裏に取り付けたままにしておくと気が向いたときにすぐに動かせます。カグスベールは床を傷つけずに家具を動かせる点もメリットです。

カグスベールはこれまでのグッズと同じように家具を持ち上げて四隅に取り付けます。リフターがない場合は、数名で協力して家具を持ち上げて作業をしてください。家具すベールを貼り付ける際は、ヨレないようにぴったり貼り付けるのが上手に使うコツです。

【ニチアス】 カグスベール ビックフリーサイズ 1シート

【ニチアス】カグスベール コーナー用

【ニチアス】 カグスベール 重量用 2個入

NO.5.キャリーベルト

家具の下を通したベルトの先を2人の人間の肩にかけて持ち上げながら運ぶグッズがキャリーベルトです。重い家具の左右を2人で持ち上げて運ぶと腕にだけかなりの負担がかかりますが、肩にかけて運ぶと体への負担が50%減軽できるのでとても楽に運ぶことができます。

男性2人でキャリーベルトを使用すればかなり重い家具でも運べるので、重厚なチェストやソファーを運ぶのに便利です。2階から1階に、1階から2階に家具を運ぶのにも適したグッズなので、運ぶのを諦めていた重い家具を移動させたい方におすすめです。

キャリーベルトの使い方は商品によって異なるため、購入前にホームページでよく確認してください。

【LAMASTON】キャリーベルト 耐荷重300kg

【KRW 】キャリーベルト 耐荷重200kg

グッズや道具を使って家具を移動する際の3つの注意点

家具移動に便利なグッズや道具を紹介しましたが、これらを使う際にはいくつかの注意点があります。グッズによって家具が簡単に動かせるとわかっても、無理な作業をすると事故やケガを起こすこともあるので、どんなことに注意して作業をすべきか事前にしっかり把握しておきましょう。

NO.1.家具に合った道具やグッズを使う

家具移動に便利なグッズや道具を選ぶ際には、移動させたい家具に見合ったものを選ぶことが大切です。

例えば、かなり重い家具にカグスベールを取り付けて動かすのは無理があります。カグスベールは一人でも持ち挙げられる比較的軽い家具を動かすのに適しているので、重い家具に取り付けるとスムーズに動かなかったり剥がれてしまったりする可能性があります。重い家具にはキャリーや台車を使いましょう。

逆に、軽い家具を動かすのにキャリーや台車を用意するのはコスト面でムダが出てしまいます。押せば簡単に動くような軽い家具には、500~1000円程度で購入できるカグスベールを使えば十分です。動かしたい家具をよく見て、その家具に合ったものを選ぶようにしましょう。

NO.2.移動経路をしっかり養生する

便利なグッズや道具を使って家具を移動させる場合でも、床や壁は必ず養生して傷から守るようにしましょう。

家具を簡単に動かせるグッズを使えば床や壁を傷つけることがないと思われがちですが、これは大きな間違いです。家具の重みで台車やキャリーの滑車が床を傷つけたり、家具が壁に当たって壁紙が剥がれるというトラブルを想定し、床も壁も養生しておく必要があるのです。

特に、賃貸住宅に住んでいる方は床や壁を傷つけないよう配慮しながら作業をしてください。大きな傷をつけてしまうと退去の際に補修費用を請求されてしまいます。安易な考えで作業をするとトラブルを引き起こすため、養生も移動も慎重に行うようにしましょう。

NO.3.一人で作業しない

家具移動のグッズや道具は重い家具を簡単に動かせる便利なものばかりですが、いずれを使う場合でも一人で作業するのは危険なため、必ず複数人で家具移動を行いましょう。

リフターを使ってキャリーやカグスベールを取り付ける場合でも、2人以上で作業して家具を支えながら取り付けてください。リフターの使い方を誤ってしまい、手や足が家具の下敷きになれば骨折することもあります。大ケガをしないためにも1人で無理をして作業をしないよう心掛けましょう。

家具を移動させる場合は、一人が家具を押してもう一人が家具を支えるのが鉄則です。一人で家具を移動させた時にバランスを崩して家具が倒れてしまうととても危険です。家具を支える人が家具のぐらつきや移動の方向をしっかりチェックし、家具を押す人を誘導しながらゆっくり移動させると安全に作業ができます。

便利なグッズや道具を使って安全に家具を移動させよう!

家具移動に便利なグッズや道具の存在は、自分では家具を動かせないと諦めていた思いを覆してくれます。しかし、どのグッズも道具も使い方を守ってこそ安全に家具を動かせるものだということをよく理解した上で使うことが大切です。早速自分が動かしたい家具に合うグッズを選び、説明書をよく読んで正しく使用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です