一人で家具を移動させる4つの方法を紹介!作業中に注意すべき3つのポイントもチェック!

突然ですが、「1人で家具を動かすことはできる?具体的な方法と注意点が知りたい!」と困っていませんか?

  • 1人で家具を動かす方法は?
  • 1人で家具を動かす時の注意点は?

これらの悩みを元引越し業者が全て解決します!

一人で家具を動かす方法は?

大きくて重い家具を1人で動かすのは不可能だと考えがちですが、実はちょっとしたコツさえ理解すれば簡単に動かすことが可能です。部屋の模様替えや自分で引越しをしたい場合は、これからご紹介する家具の動かし方を参考にし、十分注意しながら作業をしてみましょう。

NO.1.市販のキャリーを購入する

キャリーとはテコの原理で家具を持ち上げる持ち上げ棒と4つの小さな台車がセットになっている市販の商品です。持ち上げ棒で重い家具の四隅を少しだけ持ち上げ、家具の下に4つの台車をセットすれば少ない力で家具を動かせます。力のない女性にもおすすめの方法です。

キャリーはホームセンターなどで購入できますが、アマゾンや楽天などのネットを通しても購入が可能です。キャリーには耐荷重があるので、家具の重さに合うものを選びましょう。

キャリーの使い方は以下の通りです。

  1. 家具を押しながら持ち上げ棒を奥までしっかり差し込む
  2. 台車のローラーが進行方向に向いているのを確認して家具の四隅に設置する
  3. 家具をゆっくり押して移動させる
  4. 設置場所まで移動できたら、持ち上げ棒で家具を上げて台車を取り除く

キャリーを使えば重い家具でも簡単に移動ができます。模様替えや引越しの頻度が高い場合は、キャリーを持っているとさまざまな用途に使えて便利です。2000円~3000円程度で購入できるものが多いので、ぜひ検討してみましょう。

【アイメディア】 家具・家電の移動キャリー

【大洋精工】PICUS らくらくヘルパー LP-200

【山善】 軽がるキャリー 重量物 移動用 KGC-C6

NO.2.ダンボールを使う

平らに開いたダンボールを家具の下に挟み込むと、家具と床の間の摩擦が少なくなり簡単に家具を移動できます。身近にあるものを使ったお金がかからない方法なのでおすすめです。

ダンボールで家具を動かす場合は自力で家具を持ち上げる必要があるので、家具の中身を全て出しておくと作業がしやすくなります。この方法は自分で持ち上げられる家具に適しているので、持ち上げられない家具については別の方法で移動させたほうがよいでしょう。

ダンボールはスーパーやホームセンターで不要になったものを無料でもらうことができます。家具を移動させる頻度が高い方は、板状にしたダンボールを保管しておくと気づいたときに使えるので便利です。

ダンボールを使って家具を動かす手順は以下の通りです。

  1. ダンボール箱を開いて家具の奥行きサイズより少し大きめの板状にする
  2. 家具の片側を少し持ち上げて隙間にダンボールを押し込む
  3. ダンボールを挟み込んだ側の反対側を持って家具をゆっくり引いて移動する

小タンスやソファーなどは女性でも持ち上げられるものが多いので、ダンボールを使って移動させることができます。その他の家具でもよほど重厚な家具ではない限りは、一人でも持ち上げることが可能なので試してみましょう。

NO.3.厚手の雑巾や軍手を使う

どこの家庭にもある雑巾や軍手も家具移動に便利なアイテムです。雑巾も軍手も素材が厚手なので、家具と床の摩擦を減らしてスムーズに移動ができます。

この方法はダンボールを用意できない方にとって便利です。雑巾や軍手でも家具移動ができると覚えておけば、ふと気づいたときに簡単に家具が移動できるのでおすすめです。

雑巾や軍手を使って家具を動かす手順は以下の通りです。

  1. 雑巾が薄手の場合は半分に折るか2枚重ねにしておく。軍手も同様に用意する。
  2. 家具の片側を少し持ち上げて隙間に雑巾か軍手を押し込む
  3. 雑巾か軍手を挟み込んだ側の反対側を持って家具をゆっくり引いて移動する

雑巾も軍手も引越しや模様替えに欠かせないアイテムなので、引越しで配置した家具の位置を変えたいときなどにはこの方法で簡単に家具を動かせます。

NO.4.大きめの布を使う

大きめの布を使う方法は家具で床を傷つけにくいのでとてもおすすめです。軽めで持ち上げられる家具を移動する場合はこの方法を試してみましょう。

この方法に向いている家具は、脚付きのドレッサーや棚などです。脚がついている家具は移動の際に床に傷がつきやすいため、布で家具の底面をしっかり覆っておくと傷を防止できます。

使用する布は不要になったシーツや毛布で十分です。家具が小さい場合はバスタオルでも代用できます。ポイントはできるだけ厚さがある布を使うことです。家具の大きさに合わせて適当な布を用意して作業をしましょう。

布を使って家具を動かす手順は以下の通りです。

  1. 家具の横にシーツや毛布などの布を広げる
  2. 家具の片側を上げて半分だけ布に載せる
  3. 布に載っていない側を持ち上げて家具の底面全体を布の上に載せる
  4. 家具をゆっくり押しながら移動する。押して動きにくい時は引っ張って移動する

賃貸に住んでいて床を傷つけたくない場合はこの方法を試してみましょう。ゆっくり慎重に作業をすれば、床に傷をつけずに済むだけでなく少ない力で簡単に家具を移動できます。

一人で家具を移動する際の3つの注意点

家具を一人で簡単に移動する方法をご紹介してきましたが、重い家具を動かす作業には危険が伴うため注意点をよく理解した上で作業をする必要があります。無理な作業で大怪我をしないためにも、注意点を守りながら慎重に作業をしましょう。

NO.1.明らかに重すぎる家具は一人で移動しない

婚礼ダンスやキングベッドなどの重すぎる家具を1人で移動させるのは無理があります。キャリーを購入して一人で移動するのも危険ですので、重すぎる家具の移動は複数人で行うか引越業者などに依頼をしましょう。

重すぎる家具は人間の手で持ち上げられませんが、キャリーに付属している持ち上げ棒を使えば数センチ上げることが可能です。しかし、持ち上げた際に家具がバランスを崩して倒れてしまうととても危険ですので、持ち上げ棒を使う場合でも一人では作業をしないようにしましょう。

NO.2.家具の中身は全て出しておく

家具に中身が入っている場合は、どんなものでも全て出してから移動をさせます。洋服やタオルなどは軽いですが、数があればかさばって重くなります。家具の中身を出してしまえば、家具が軽くなり作業もスムーズにはかどります。また、扉や引き出しが開いてしまった時も中身がない方が安全なので、面倒でも必ず中身を空にしてから作業しましょう。

特に注意したいのが家具に割れ物が入っている場合です。模様替えなどで少ししか家具を動かさない場合でも、ちょっとした衝撃で割れてしまうことがあるので注意してください。家具の引き出しや扉は全てテープか紐で固定し、移動中に開いたり飛び出してくるトラブルを防いでおくことも大切です。

NO.3.床や壁を傷つけないよう配慮する

家具の下にダンボールや布を敷いた場合でも、家具を動かす際には床や壁を傷つけないよう注意しましょう。特に段差がある場所やビニール床は注意が必要です。家具を引っ張るのと押すのとではどちらが傷つきにくいかを考えながら作業をしてみましょう。

家具の移動経路となる壁にも十分配慮してください。家具が壁にぶつかってしまえば大きな傷ができてしまうため、壁はバスタオルや毛布などで養生しておくことをおすすめします。賃貸住宅に住んでいる方は、壁に傷がつくと退去の際に補修費用を請求される可能性があるので十分注意して作業しましょう。

コツを知れば一人でも安全に家具を動かせる!

家具を1人で簡単に動かせれば、引越しや部屋の模様替えの作業が楽になります。重くて大きい家具を動かすコツさえ分かれば、あとは慎重な作業で実践するのみです。一人で家具を動かす際の注意点をよく守り、安全に家具を動かしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です